渋谷区円山町

Categories

耐震構造について

耐震構造について

地震が急に来ても、その建物自体は倒壊しないという構造には、「耐震構造」「免震構
造」「制震構造」
と3種類がありますが、地震の衝撃に耐えられるように、建物が設計さ
れています。耐震構造は、地震が起こった際に、建物自体がその地震で倒壊しないように
なっている構造のことです。

筋交い、あるいは鉄筋等で壁、梁、柱等を耐震補強工事で強化して、剛健な骨組になるように建てられま
す。この構造は、大変一般的で、多くの住宅でもこの構造が用いられています。免震構造
は、地震の際に、建物の振動を少なくする構造となっています。これは、地盤と建物の間
に、緩衝体をはさみ、揺れを減少させます。

制震構造は、地震の揺れを抑制する構造が備えたものです。例えば電気等の免新装置等を
利用するものです。3つの方法は、いずれも耐震に備えて、建物の倒壊等から守ってくれ
ますが、それでも、建物内部の、家具固定等の地震対策は必要になります。

また、コスト
面では、このうち一番一般的な耐震構造が、比較的安価ですが、大きな地震に備えた場合
は、免震構造が一番安全だということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です